2006/05/13

<新曲! 『Raymond Street, 45』>

ほんっっとに久しぶりの新曲を、つい先ほどアップしました。
オリジナルの新曲としては、去年の11月にアップした「Infinity」以来ですから、実に半年ぶりです。正直、こんなに間が空くとは思っていませんでした。いかんですね。いくらなんでももうちょっと作らないとね。

制作は結構大変でした。マンネリに陥りがちなのをいかにして避けるか。今までやったことのないアイデアはないか。アップ直前になってやっぱり気に入らない部分が見つかって作り直したり。さらっと聞いてみると特に何もないように聞こえますが(笑)、その実、いろんな苦悩の結集になっています。

まぁ、そんなことは聴く皆さんには関係ないので、よろしければさらっと聴いてやってください。そしてもしよかったら、1度ではなく2度、3度と聴いてやってください。聴く度に何かが発見でき・・・るといいな(^^;)。

Raymond Street, 45

10 件のコメント:

comfortable さんのコメント...

これはなんかYAMAHA楽器系のクリエイターさん達が小躍りしそうなくらい模範的で
クリアーな音ですね! なんか今までの
作品がかすみそうなくらいいい音、、

映像が欲しいですねーこれ
ラップがあってもいいかもー

どういう音源つかってるのかわかんないけど、、Nishioka氏は生楽器系うまいよなー てか、これぞ”スムーズ”ジャズってな感じですw

Takayuki Nishioka さんのコメント...

comさん、いつもありがとう〜(^^)
YAMAHA的ですか?(笑)高校生の時に先輩に「お前の曲はYAMAHAクサい」と言われたことを思い出しました(笑)

> 模範的でクリアーな音ですね!
> なんか今までの作品がかすみそうなくらいいい音、、

どうもありがとう。本当はあと1週間早くアップできたんですが、アップ直前にどうにも気に入らない場所が次々と見つかり、ミックスにもフレーズにも変更を加えました。原曲を聞き比べないとわからないんだけど、こういってもらえると粘ってよかったなぁと思ってます(^^)

> 映像が欲しいですねーこれ

作ってみようかな・・・いつも思うんだけど、なかなか時間がなくて・・・(^^;)

> ラップがあってもいいかもー

うん、欲しいですね。黒人系のヤツね(笑)

> どういう音源つかってるのかわかんないけど、、
> Nishioka氏は生楽器系うまいよな

どうもありがとう。電子系の音使いはcomさんとかTetsushiさんとかアベさんとかにはかなわないので、生楽器系に生きる道を見つけてます(笑)

HideoABE さんのコメント...

まずは2回聴いた!
もう単純にベースが(*δ,δ)σス・キ・ヨ♪♪
これだけでもオカズ無しでごはん3杯はいけます。
Rapper的には、無性に絡みたくなるTrackではなかろうか・・
私がRapしたくなるぐらいですから~

音がクリアで演奏がテクニカルだとYAMAHA的って印象が私にもあるなー
音源買う時、YAMAHAのデモ演奏がかっこ良くて
つい買ってしまって、何度失敗したことか・・
あれ?そんな話じゃないかハハ

Takayuki Nishioka さんのコメント...

> もう単純にベースが(*δ,δ)σス・キ・ヨ♪♪

どうも(^^)
ものすごい単純なラインなんですけどね。ハマりましたね、これは。われながら。

やっぱりYAMAHA的ですか(^^;)YAMAHA生まれのYAMAHA育ちですから。消せないんすねぇ・・・(^^;)

Tetsushi さんのコメント...

名前が出たので、ついレッスw

YAMAHA系ってこういうのなんですか?
シンセの音源的に言うと、YAMAHAは細いってイメージしかなくて。。

この曲は太いですね!
個人的にはギターのフレーズがすきなので
もっと出してほしい!

ファンキーファンキー!

Takayuki Nishioka さんのコメント...

> 個人的にはギターのフレーズがすきなので
> もっと出してほしい!

言われて気づいた(笑)。
そうね。特に中間部はもっと出してもよかったかもしれない。曲の感じが若干ファンキーになりすぎるきらいもなくはないけど・・・。

comfortable さんのコメント...

自分の中でなんとなく、ローランド系、
コルグ系、ヤマハ系のピアノの音に関して
区別があるんですよね、、少し情報が
古いんですけど(自分の頭の中がです、、)

ヤマハはFM音源魂引きずってるんだかなんだかわかんないけど、TETSUSHIさんの言うとおり細く、音は硬質な感じだけれど
良くフュージョン系の人なんかがヤマハの
デモソング作るとこんな感じの艶やかな
ラウンジっぽい感じになるんですよね、
クリアなイメージ

自分はローランド派なんですけどw
ローランドは丸いイメージなんですよ
、自分の場合、、

コルグははねた感じの
リズムに合いそうなイメージです。

、、無論、これは人それぞれだと思いますが、、

ベースが新鮮というか、これ今までの
NISHIOKA氏のイメージにないベースですねw 普段はなんかダークなイメージを
喚起させるベースを使ってたイメージが
固定観念としてあったもんで、今回は
やけに明るいというか、、微妙にその
違和感が新鮮なのかもw、、、

こういうスキルアップはいいですよね

なんかそこはドラえもんの声が大山のぶ代じゃなくなったような感じですけどw
でも、映像的な音像は変わってないですね。

なんでかわかんないけど、NISHIOKA氏の
サウンドって”カメラのシャッター音”
が原型のようなイメージ持ってるんですよ、勝手にw自分、、

その音がもつアンティークな懐古主義っぽいのとモダンな感じと、その引き込まれそうな静けさに、独特のテクノロジーを
つなぎ合わせてるみたいなイメージなんです。音のイメージが瞬間的な映像なんですよね、だからスライドショーっぽい
フラッシュだけでも作れればそれで
いけそうな気がします。

すいません、、思いついたうちになんか
書いてこうとおもいましてw

自分も最近スランプ気味なんで、、
こういうの聞くとがんばんなきゃとか
思います。ありがとう御座います!

comfortable さんのコメント...

、、、てか長いなw、、自分、、、

気にしないでくださいね、、、

、、てかおれもジャズっぽいの作りたいな、、、

Takayuki Nishioka さんのコメント...

わお!
ありがとう~
comさんはいつもほんとに「わかってくれる」からうれしいです。

この文章、コピーして保存版にしようっと。自信なくしたときに読み返してニヤニヤする(^^;)

comfortable さんのコメント...

どーもー!

最近、他の楽曲の良い点を
具体的に言葉で表現して、
そのボキャブラリーを増やしていくことは
自分にとっても良い訓練になるんでは?
とか思う今日この頃ですw

、、とパットメセニーがたしか言ってたしw